FC2ブログ

北イングランドから こんにちは

北イングランドに暮らし始めて早や21年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

カナルお散歩





今週は、とても寒い日と、気温はマイルドですが雨模様と強風のお天気が入り混じる週でした。
いずれにしても、お散歩時、ニット帽、手袋、そして長靴が欠かせない季節になりました。

今日は日本にいる親しい友人の誕生日なので、ラインメッセージを送ったところ、まだコートなしで大丈夫だとか。。。
日本の冬は、年々寒くなくなってきているようですね。 


さて、Daddioが自宅療養していた週。
みんなでカナルへお散歩。

DSC_1327_convert_20181129195327.jpg

ファビオはDaddioにリードを持ってもらってとても嬉しそうです。




スイスイと優雅に泳ぎながら、私達のそばを通り過ぎた白鳥のカップル。

DSC_1330_convert_20181129194250.jpg





毎年、同じカップル(だと思います。)が、この辺りに巣を作り子育てをしています。
いつも一緒で、本当に仲良し。♪

DSC_1332_convert_20181129194306.jpg

この時はまだDaddioが長距離は無理だったので、いつもより短めのお散歩でしたが、ファビオ的には満足だったようです。




秋、そして冬になり、豪快なへそ天よりも、このような寝姿が多くなったファビオ。

DSC_1379_convert_20181129194322.jpg

前足、後ろ足、器用に交差させて小さく丸まって眠ります。

どんよりしたお天気の中でも、こういう姿を見ると癒されますよね。


**
さて、週末土曜日はいよいよクリスマスショッピングの開始です。🎄

手始めにクリスマスカードとラッピングペーパーを買う予定。
クリスマスプレゼントも全部準備出来ていない時に、なぜかしらラッピングペーパーを先に買うのが我が家のしきたり。(爆)

日曜日は、毎年恒例のCousin's Dayです。
そう、この時期になるとDaddioの母方のいとこ達とその連れ合いが集い、お互いの近況を報告します。

いよいよこういったクリスマスならではのイベントも増えるこの時期。

寒くて暗い英国の冬ですが、一年で一番華やぐ季節でもあります。

明日はリーズの街へ日本人の知人の方とランチへ。

少し早いですが、皆さんも忙しくも楽しい週末をお過ごし下さいね。\(^o^)/



スポンサーサイト
*CommentList

お久しぶりです と 落ち葉の海



お久しぶりです。
もう一か月近くブログを更新出来ず。。。(汗)

更新できなかった間の出来事をざっと記したいと思います。

まず、一週目は私が風邪でダウン。
考えたら、ここ二年くらいひと冬に一度は必ず風邪をひいているなぁ~と、自己管理をもっとちゃんとしないと、と反省しました。

だいたい私の風邪はDaddioがどこからかもらってきて(笑)、それが私に移る、というパターンなのですが、今回は、その週末の土曜日にランチを食べに行ったカフェで、後から入って来て隣に座ったファミリーが全員咳をこんこん、鼻水ずるずる。

子供だから仕方ないけど、咳をする時も手で口を覆ったりすることもなく、空気中に風邪菌をまき散らしているし、カフェも冬場なので、窓に結露が出来るほど密封かつセントラルヒーティングを効かせてるし~。(涙)

Daddioと目で合図しながら、そそくさと食べて出たのですが、月曜日辺りからのどがいがいが。。。う~ん、いやな予感。

水曜日には熱も上がり、一日ベッドで過ごしました。
というのも、いつもなら無理してでも起きだして、だましだまし過ごすのですが、その次の週はまるまる仕事が入っており、どうしてもその週の終わりまでには治さなければならない状況。

やっと金曜日になって熱も平熱に下がり、悪寒もなくなりました。
とはいえ、喉の痛みはとれたのですが、咳を繰り返す内に声がでない状況。(T_T)

週末も同じような状況でしたが、二週目はそのまま仕事に。

今回の仕事は、通訳。
翻訳なら、喉が痛くても、体調がいまいちでも、納期にさえ間に合えば、自分で仕事のペースの調整が出来ます。

でも、通訳となるとそうはいきません。
相手がいることですし、その相手というのは、本社からの日本人ビジターそしてこちらの英国人スタッフ両方。
つまり、どちらかは必ず話しているので、文字通り私はずっと声を出し続ける事になります。

おまけに今回の内容は、工場で使用することになる検査装置のプログラミングに関するエンジニアへのトレーニング、というわけで、彼らの理解度は私の通訳にかかっている、と言っても過言ではありません。

というわけで、今回これでもか、というくらいお世話になった?!市販の風邪薬&トローチ。

DSC_1373_convert_20181123195210.jpg

ちなみに、今回はランチは社食へ出向かず会議室に運ばれて来たのですが、当然、みなさん、お昼を食べながら会話をします。
で、私はランチ時間も双方の通訳。

心の底で、

‘Just shut up and eat!' (黙って食べろ!)と何度叫んでいたことか。。。(爆)



今回、この風邪を治すのはもちろんでしたが、Daddioにどうしても移してはいけない理由がありました。
二週目私が仕事をしている週の木曜日、実はDaddioのちょっとした手術がありました。

マヨルカ島のホリデーから戻ってちょっと気になる症状がDaddioにあり、検査の結果手術という事に。
手術自体は半身麻酔、全身麻酔の選択ができたので、Daddioは半身麻酔を選択。

私は当日は仕事だったので、同行出来ず、‘本当に一人で大丈夫なの?’ととても心配だったのですが、Daddioはこういう時、とても落ち着いている人、というか。。。‘局部麻酔だから意識あるから手術後も大丈夫。’と。

ただ病院へは幸いDaddioの友人が病院へ同行してくれることになり、私も少し安心しました。

こういう時、まさか84歳の義母に頼むわけにはいかなし、上の義妹夫婦はイタリアだし、下の義妹は南に住んでいるし。。。家族がいても頼る事が出来ない時ってありますよね。

で、当日木曜日の夕方、仕事が終わったら私は病院へ行くことになっていたのですが、Daddioからメールが。
‘今日の手術キャンセルになったから、来ないように。Mammioが出発してしまう前に間に合うといいんだけど。’と。

ちなみに、イギリスの医療制度はNHS(Naional Health Service)と呼ばれる基金に基づいたシステムです。
処方箋料は支払いますが、基本的に手術や検査、治療は無料です。

無料はいいのですが、その代わりといっては何ですが、こういう事ありありの世界なんです。
Daddioは11時に病院へ行き、血液検査や術前の質疑応答も済ませ、病院服に着替え待機ベッドにいたのに、いきなりキャンセルです。
何でも先に行われた手術が思ったより時間がかかり、後におしているとの事。

で、Daddioタクシーで当日は帰宅。
翌日、電話連絡があり、次の週の月曜日ということに。

幸いこの日は私も同行出来たので、まあ結果的には良かったのかな、と。
手術は無事に終わりましたが、カテーテルを挿入したため一泊入院。

そうなんです、イギリスの病院、すぐに退院です。
余談ですが、キャサリン妃のようにお産も基本翌日退院です。(ひぇ~。)


翌日午後、家に戻ったDaddioのそばを離れないファビオ。

DSC_1354_convert_20181123194717.jpg





普段、ベッドの上に乗るのは禁止のファビオですが、まるでナースのように(笑)ぴたっとそばで見守っていました。

DSC_1357_convert_20181123194734.jpg

二日間ほどベッドで安静に、その後は徐々に普段のルーティンに戻し今週水曜日からDaddioは仕事復帰しています。

そんなこんなで、Daddioが自宅療養の先週は、朝晩のファビオのお散歩、普段の家事、朝食、昼食、夕食を作っては二階に運び、ととてもPCに向かう気力もなく、皆さんのところへもおじゃま出来ずにいました。


**
ここ数週間、Daddioにとっても私にとってもいつも以上に<癒しの元>となってくれたファビオくん。

こちらは少し前のお散歩時。

落ち葉が積もる季節になりました。

DSC_1345_convert_20181123194554.jpg




まるで海のようです。

DSC_1368_convert_20181123195116.jpg




恒例、Mammioとファビオのツーショット。

DSC_1364_convert_20181123194946.jpg




ここまで落ち葉が積もると、ファビオ的には何となく雪の中を歩いているような気になるようで、嬉しがって歩きます。

DSC_1365_convert_20181123195306.jpg




歩き疲れたら、落ち葉の上にごろん。
まわりの落ち葉がきれいな飾りになって、まるでアートのようです。

DSC_1367_convert_20181123195033.jpg





そして、こちらは別の日。
セメタリー(墓地)へ。
黄色い落ち葉がグリーンの芝生に映えてとてもきれいでした。

DSC_1360_convert_20181123194757.jpg




ここでも落ち葉アートでパチリ。(笑)

DSC_1362_convert_20181123194835.jpg

ファビオを飼っていなければ訪れることもないような場所で、去り行く秋を堪能し、色々あった数週間でしたがリフレッシュできました。


**
私を妹のように思ってくれている日本の知人から、贈り物が届きました。
Daddioの件を話したら、‘元気を出すには、まずは<食>から。’という手紙とともに、色々なものが詰まっていました。

DSC_1376_convert_20181123195228.jpg

ちなみに、蒸気アイマスクは彼女いわく、‘泣き虫のMさん、Daddioのことで泣いているんじゃないかと思って、泣いた目にはアイマスクよ。’と。 よくご存じ、そう、私、泣き虫なんです。(笑)



そしてこちらは昨日、同じ方から届いたもの。
‘えっ?!少し前に届いたばかりなのに?’とビックリ。

日本のSAL便(2kg以内)だと送料もお手頃なので、今回は二回にわけて送ってくれたようで、私へのものだけではなく、Daddioが好きなものもはいっています。

DSC_1350_convert_20181123194653.jpg

大変な時に、遠い日本から思いやってくれるその温かい気持ちに感謝でいっぱいです。


**
ブログを更新できなかった間、イギリスは冬時間に戻り日本との時差は9時間に。

秋晴れが続いていたお天気はすでになく、特に今週は5、6度あたり、霧雨が降り続くお天気です。

というわけで、薪ストーブが大活躍しています。

DSC_1370_convert_20181123195149.jpg

もちろん、、ストーブの前の特等席はこの方が占領しています。(笑)

週末土曜日は近所の友人宅にお呼ばれ、Daddioの快気祝いです。
日曜日は久しぶりにDaddioとファビオとのんびりしようと思っています。

皆さんも良い週末をお過ごし下さい。(*^_^*)
*CommentList

柴犬は見た?!




朝のお散歩から戻り、ファビオを庭へ。

家事をしていると、何となく視線を感じる。

庭へ出てみると、ファビオの姿が見当たらず。。。

DSC_1308_convert_20181026190202.jpg




いつもだと芝生のあたりをクンクンしたり、ボールで遊んだりしているので、あれっ?!どこへ行っちゃった?!とちょぴり慌てる私。
(うふふ、どこにいるか気づいた方はいますか?)

DSC_1309_convert_20181026190224.jpg





いた~、家政婦は見たならぬ、柴犬は見た状態のファビオでした。(笑)

DSC_1307_convert_20181026190141.jpg





おまけ。

家に入ってからは、ご覧の通り 豪快へそ天のファビオくんでした。

DSC_1324_convert_20181026190239.jpg


**
先週末に、野菜畑をきれいにし雑草防止シートをかぶせたり、アリウムなどの球根を植えたり、今年最後の芝刈りをしたりと、庭の冬支度が始まりましたが、そんな中でもまだ花を咲かせてくれているこのホットリップス。

DSC_1306_convert_20181026190124.jpg

もう少しそのままに、11月に入ったらカットバックしようと思います。

今晩はご近所のガールズナイト。

友人宅に集まってポークパイとマッシーピー(グリーンピースを茹でてつぶしたもの、パイ類やフィッシュうアンドチップスの付け合わせとして食べます。)、ワインでガールズトークです。

週末は晴れ間がのぞきますがかなり気温が下がるようで、この冬最初の薪ストーブかな、と思っています。

皆さんも素敵な週末をお過ごし下さい。o(^▽^)o
*CommentList

秋晴れ散歩 と また覗いてるぅ~。(汗)




今週は気温は15℃あたりでしたが、秋晴れが続いた北イングランド。

もう既に長靴を履いてのお散歩ですが、今週は薄手の手袋もし始めました。

でも寒くてもカラッと秋晴れの中のお散歩、私は大好きです。

まずはいつも行くDellへ。
まだ薄暗いです。(笑)

DSC_1311_convert_20181019192823.jpg




こういうお天気はどうやらファビオも好きらしく、歩く気満々。
Dellを駆け回った後は、そこからもう少し歩いたフィールドへ。

DSC_1314_convert_20181019192911.jpg

秋晴れでも太陽が完全に昇る前なので、一面に霜がまだ残っています。




そんな中、寒さももろともせずに、バカッ走りする柴犬。

DSC_1317_convert_20181019192950.jpg




足元を見るとNettle(ネトル、和名イラクサ)と呼ばれる草が。

DSC_1313_convert_20181019192841.jpg

このイラクサ、見た目は日本の紫蘇に似ていて、イギリスに暮らし始めた頃は、もしや紫蘇?!なんて思ったものですが、ところがどっこい、触ると痛い目にあいます。(笑)

そう、少しでも皮膚に触れると、痛みが走り赤くなります。
そんなイラクサも霜に覆われて何となくきれい。(笑)




歩いている内に、こんなに秋晴れに。
たまに登るクリフを見上げると、麓にある木々が色づいていてとっても秋らしくなっています。

DSC_1316_convert_20181019192931.jpg




恒例Mammioとファビオのツーショット。
ファビオは例のごとくそっぽ向き。

DSC_1320_convert_20181019193040.jpg




これからやって来る暗くて寒い冬。
冬の間はいつ青空が見られるか分からないので(笑)今のうちにパチリです。

DSC_1322_convert_20181019193106.jpg




途中見かけたヒイラギの木。
クリスマスの文字が頭をよぎりました。(笑)

DSC_1319_convert_20181019193012.jpg




そんな楽しいお散歩を終えて、家に帰りファビオを庭に。

ふと見ると。。。

また覗いてる~。 (*゚Q゚*)

DSC_1298_convert_20181019192729.jpg

そう、みなさん覚えておられるかもしれませんが、このスポット、冬の間ことあるごとに覗くんです。
夏の間は覗いていなかったのに。。。。その先には一体何があるんだろう。。。

知りたいような知りたくないような。(笑)

**
週末はお天気も良く気温も17、18℃あたりになるとか。
収穫が終わった野菜の苗は既に引き抜きましたが、その畑の土起こしをして雑草防止のシートをかけたり、アリウムやムスカリなどの球根を植えたりする予定です。

皆さんも楽しい週末をお過ごし下さい。(*^_^*)


*CommentList

マヨルカ島 ホリデー パート2




それでは、ホリデーのアップ続きます。

毎日、まずはホテルで朝食をとり、その後は、ヨガ、ピラーテ、ストレッチングなど毎朝行われるエクササイズに参加。

ちなみに、私はインストラクターの方から、‘Perfect!’とほめてもらえることが多かったのですが(笑)、Daddioの体の固さには、私もインストラクターの方も、またほかの参加者の人達も大笑いでした。

エクササイズで笑った後?!は、ビーチへ。

お天気は、毎日がこんな青空でした。

DSC_1267_convert_20181012173829.jpg



Magalufのビーチ。

DSC_1266_convert_20181012173812.jpg

海は、波も荒くなくどちらかというと遠浅で、泳いでいるお魚が見えるくらい透き通っていました。




ビーチも、9月末ということで、人も思ったより少なく、サンベッドも空いているところが多かったです。

DSC_1269_convert_20181012173850.jpg

海で泳いで、サンベッドで読書、眠くなったら眠って。。。の繰り返し。

今回残念だったのは、興味をそそるエクスカーションツアーがなくて、島の探検が出来なかったことです。

というわけで、毎日同じビーチだと飽きてしまうので、ある日はホテルから何と歩いて20分の(しかも行きは登り坂!)ところにあるビーチへ。
このビーチは、偶然レストランで隣席になったマヨルカ島在住のイギリス人カップルから教えてもらいました。

入り江のようなこじんまりしたビーチでした。

DSC_1278_convert_20181012174044.jpg




こちらはもっと遠浅で、写真でお分かりのように、水がとっても澄んでいました。

DSC_1277_convert_20181012174021.jpg

この日は週末だったので、スペイン人の人達も来ていて、小さなビーチにしては人が多かったかな。

ランチの場所もカフェっぽいのが一軒あるのみ。
でも、ここで食べたハンバーガー、美味しかったです。(笑)

ここでも一日のんびり過ごしました。
帰り道、今まで泳いでいた海を見下ろしてパチリ。

DSC_1279_convert_20181012174110.jpg

帰りは下り坂だったので、足取りも軽く、ホテルまであっという間でした。(笑)


そして、滞在中、結婚記念日の前祝いということで、海沿いのレストランへ。
まあ、料理は可もなく不可もなくでしたが、食べ終わって、Daddioと一緒にパチリ。
(後ろの真っ暗な空間は海です。)

DSC_1283_convert_20181012174206.jpg




戻ると、何だかホテルが騒がしい。
ちなみに、ホテルでは毎夜色々とエンターテインメントが行われているのですが、この日は年代別のポップミュージックショー。

DSC_1286_convert_20181012174236.jpg

よく見ると、見覚えのある顔が。。。
何と朝のインストラクター。
朝はヨガを教え、夜はエンターテイメントとして衣装をまとい歌って。。。シンプルにすごい芸達者とDaddioと感心。(笑)

ラストの曲は、なぜかYoung Man。
みんなでおなじみの Y・M・C・Aで踊って夜はふけました。

ちなみに、このホテルには、イギリス人の他にフランス人、ロシア人の観光客が多く、きっと世界万国共通で知っている曲を、という事だったのでしょうね。

余談ですが、滞在中、フランス人観光客からなぜかフランス語で何度も話しかけられた私。

一緒にいるDaddioはフランス人と思わないのか話しかけないのですが、なぜか私には話しかけてくる。(爆)
久しぶりのフランス語でしたが、話している内に、どうやら話しかけてきた何人かの人達は、私をベトナム人だと思っていたということが判明。。。 で、フランス語が話せるだろうと思ったらしいです。(゚∀゚)




最終日もビーチでのんびり。

DSC_1287_convert_20181012174259.jpg




名残惜しく海辺を後にする前に、Daddioとパチリ。

DSC_1289_convert_20181012174321.jpg


ホリデーに来る度に思う事ですが、青い海に浮かんで青い空を見上げて、これ以上の贅沢はないなぁ~と。
毎日の生活に戻ると、それなりにストレスや我慢することがあるけれど、また頑張っていこうと気持ちを新たにしました。


ホリデー記、読んでくれてありがとうございます。<(_ _)>

新しい週の始まりですね。
充実した一週間をお過ごし下さい。(*^_^*)

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計