北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

イースターホリデーとサマータイムの始まり




さて、イギリスは今日までイースターホリデーです。
学校はこのイースター前後二週間もお休み。イギリスの学校本当によく休みます。(笑)

イースターの初日は、Good Fridayと呼ばれます。
とても良いお天気に恵まれました。

お散歩から戻ったファビオは、Daddioとボールでお遊び。

DSC08753_convert_20160328213234.jpg




Daddioもけっこう本気になっていました。(笑)

DSC08754_convert_20160328213205.jpg




興奮したファビオくん、ボールそっちのけで庭でマッドラン。

DSC08750_convert_20160328213256.jpg


ひとしきり走り回った後は、スイッチが切れたように芝生の上でこてっとなります。(笑)

私達はこの日は忙しくしていました。
毎週、義母と一緒に食料品の買い出しに行くのですが、足が痛くて一緒に行くのは無理なので、私とDaddioそれぞれカートをひいて、義母のものはDaddio、私達のものは私が、と別々にショッピング。(笑)

この日はイースター初日、しかも晴れとあって、スーパーは混みこみ。
まるで、クリスマスのようで、終わったら私もDaddioもぐったり。(笑)

買った食料品を義母のところへ届け、それぞれの場所にしまい、ランチを作って一緒に食べ、洗い物をして帰って来ました。

戻ってから、私は近所の友人のところへ、コーヒーをのみに&チャッティング。

そして帰って6時から美容院へ。(白髪隠しともいう。)

ちなみに、何度かこのブログでも書きましたが、この日はキリストが磔になった日。
キリスト教徒のイギリス人はお肉を食べません。

お夕飯を準備する時間がない~と訴えた私に(笑)、Daddioが自分の数少ないレパートリーの中から、すずきのソテー(ようは、お魚をフライパンで焼くだけ。(笑))を料理してくれました。



翌土曜日はちょこちょこと所要をすませ、ガーデンセンターへ。
午後に植え込みをと思っていたら、あいにく雨が降り出し、とりあえず植木達はグリーンハウスへ。

夜は、Daddioと二人、久しぶりに家でまったりお夕飯。
最近は、私の仕事で、週末でもこういう時間がなかったので、色々な話に花が咲いて、楽しかったです。(のろけっ?!)(笑)


そして、昨日日曜日はイースターサンデー。
この日はお店はどこもお休みになります。
商業化したイギリスでも、このイースターサンデーは法律で大きな商業施設はお休み、となっています。

この日は午後から、義妹夫婦のところへお呼ばれ。

でも、私は憂鬱でした。。。

なぜって?

それは。。。


ラム肉を食べなければならないから~。(涙)


イースターサンデーは外食する事も多いDaddioファミリーですが、今年は足が痛い義母をひっぱりだすのは、と義妹夫婦宅で。
イギリス人の伝統?!で、イースターにラムはお約束。

私は、声を大にして、過去18年間 ‛わ・た・し・は・ラ・ム・肉・が・に・が・て・で・す。’と言い続けているのですが、どうやらDaddioファミリーの耳には入っていないよう。
(一応、今回は、義妹から、ごめんね、ラム肉なんだけどいい?と事前問い合わせがありましたが、いやです、とはなかなか言いにくいですよね。。。)


というわけで。。。

DSC08767_convert_20160328213024.jpg

ラム肉です。(涙)

でも、義妹のだんなさんは料理上手で、この日はラムが苦手な私のためにラムチョップなどのラム独特の臭みがもろに分かる部位ではなく、ラムシャンクと呼ばれる煮込みに使われる部位を、ハーブをふんだんに使って調理してくれました。

ちなみに、こんなに盛ってくれているけど、お察しの通り、完食には程遠かったです。(涙)


食事の後は、みんなでファビオのお散歩。

みんなでのお散歩が嬉しくて、ファビオくん、いそいそと義妹たちを先導しています。

DSC08769_convert_20160328212911.jpg




Daddioと義妹のだんなさんはゆっくりと後方からついてきます。

DSC08768_convert_20160328212929.jpg




義妹の家の真後ろはこのようなフィールドが広がっていて、池もあります。

DSC08771_convert_20160328212947.jpg


みんなで、かる~く歩いた後は、戻ってデザートを食べたり(まだ食べんのかいっ。)(笑)、クイズをしたり、それなりに楽しい時間を過ごしてきました。


みんなから頂いたイースタープレゼント。

DSC08776_convert_20160328212820.jpg

向かって左は、Daddioへのチョコレート類、イギリスのチョコレートはまったくと言っていいほど食べない私には、お花類を頂きました。(笑)


よく見ると、植木の中に、イースターラビットが隠れていました。
かわいい~。

DSC08777_convert_20160328212801.jpg



**
月の満ち欠けで毎年のイースターの日が決まります。
今年は3月の末で、早めのイースターとなりました。

そして、今年はこのイースターウィークエンドからサマータイムも始まりました。
ほんの一時間ですが、日本との時差は縮まり8時間になります。

夜は8時くらいまで明るくなりました。
仕事から帰っても庭いじりなど、色々と出来そうです。

さて、そのお仕事ですが、いよいよ今週が最後です。
色々と綴りたい出来事もありますが、それは次回に。(笑)

それでは、皆さんも良い一週間をお過ごしください。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.04/08 08:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

返信ありがとうございます。
番号、控えさせて頂きました。

お会い出来るのを楽しみにしています。
おって連絡させて頂きます。^^
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2016.04/08 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計