北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

日本滞在記 その5



名古屋を後にし、向かった先は、先日サミットが行われた県。

<柴の縁>でつながった方達+そのつながりを授けてくれた柴ちゃんたちに会いに行くのが目的です。


駅に着くと、ブログにも登場し、我が家に何度か泊まりに来てくれた、イギリス大好きの建築家のK子さんとそのお母さまが出迎えて下さいました。

K子さんのお母様は上品で優しそうな印象の方。
もちろん初対面なのですが、今回一時帰国をするのであれば、ぜひ我が家にもいらして下さいとの心優しい申し出に、私とDaddioが図々しくも甘えさせて頂いたというわけです。


改札を出て、駅の階段を降りようとすると、その降りたところに、女性の方と柴ちゃんが。

日本にいる間、やはり柴犬を見ると目がついついおってしまっていたので、この時も、‛あ、可愛い柴ちゃん。’と思っていると、女性の方がにこにこ微笑んでいる。。。

私もなんとなく、‛あれっ、この柴ちゃん、どこかで見た事がある?!’と思うや否や、その女性の方が、‛ブルーベリーさんですよね。ママミントです。そして、クーです。’とおっしゃるではありませんか。

そうなんです、この<柴のご縁>を最初につないでくださった柴犬くるみのおきらクーな暮らしでお馴染みのママミントさんとクーちゃんが立っているではありませんか~。


‛きゃ~!’と嬉しい初対面をし、クーちゃんをさっそくなでなで。

ママミントさんの初印象は、ひまわりを思い出させる明るい笑顔、それでいて、理知的な印象の方。
時には思いっきりコミカルで、時にはジンとくるような内容のブログを書かれているのが、納得です。

そして、クーちゃんの初印象は、‛何て、小さくて、細くて、ジェントルなの~。’

と、いつもデブ体格のいいファビオを見慣れているDaddioと私はしきりにその小ささに驚きながら、初対面の私達をガウリンコもせずに受け入れてくれる、これまたファビオと違う優しい気性に、感心することしきり。


まずは、そのままK子さんのお宅へ。

K子さんのお宅に着くと、クーちゃんの先輩犬、椿ちゃんがお出迎え~。

椿ちゃんの、これまた豆しばのような小ささと愛くるしいお出迎えに、私もDaddioも萌~。(笑)

今回の滞在中、K子さん、お母さま、そしてママミントさんで、色々と計画を練ってくれており、荷物を置いた後は、早速ママミントさんのお宅へ。

彼女のブログで何度も登場しているお子さん達はもちろん、何とご主人!にもご対面。

お子さん達は、ある分野の全国大会で優勝をするほど優秀です。
(ちなみに、このある分野、というのは、イギリス人であるDaddioには馴染みがない分野なので、それを説明しました。)
きちんと片付いているご自宅の中には、トロフィーが幾つも置いてあります。


美味しいお菓子とお茶をごちそうになった後は、ご近所の高田本山専修寺へ。

DSC08971_convert_20160612195349.jpg


残念ながら、御影堂はもう閉まっていましたが、繊細な日本建築を見る事が出来、満足。

DSC08984_convert_20160612195540.jpg




ご夫婦、クーちゃんと私でまずはパチリ。

DSC08974_convert_20160612195453r.jpg




そして、クーちゃんとのスリーショット。

DSC08976_convert_20160612195430r.jpg




そして、この後は、みんなで公園へ。

実は、Daddioは、出張とかで、遠方に行った時に、一度ちらっと柴犬を見かけた事はありますが、他の柴犬を知りません。
イギリスは、まだまだ柴犬がポピュラーではなく、飼っている人は決して多くはありません。

という事を前にK子さんが我が家にいらした時に話をした事があって、今回、椿ママさん(K子さんのお母様)、ママミントさん、そしてK子さんで、ご近所の柴ちゃんを飼っている人達集まれ~と号令をかけてくれたのです。

公園へ行くと沢山の方達が。
私もDaddioもわくわく。(笑)

それでもそこは柴犬、みんなちゃんとさりげな~い柴距離を保っています。(笑)

IMG_1183_convert_20160612204110r.jpg



本当にうれしいサプライズ。

IMG_1188_convert_20160612204323r.jpg





柴ちゃんたちに囲まれるDaddio。(笑)

IMG_1164_convert_20160612203311r.jpg




Daddioは、黒柴が特にめずらしかったようで、黒柴のムサシくんをなでなで。

IMG_1262_convert_20160613000258r.jpg

こっそり後ろから<愛情表現>しているクーちゃん。(笑)



ちなみに、クーちゃんの愛情表現とは、これです。(笑)
ママミントさんいわく、クーちゃんは大好きな人にしかこの愛情表現はしないんですよ、との事。

嬉しい~。(私)

IMG_1214_convert_20160613000120r.jpg



ハヤテくんと。

IMG_1200_convert_20160612204616r.jpg



この日は30℃近くまで気温もあがり、夕方でも太陽がまぶしいくらいでした。

DSC09000_convert_20160612195941r.jpg



集まってくれたワンちゃんたち。 
(パチリ出来たワンちゃんたちのみでごめんなさい。)

DSC08997_convert_20160612195906.jpg


DSC08996_convert_20160612195846.jpg


DSC08992_convert_20160612195809.jpg


DSC08990_convert_20160612195745.jpg


DSC08986_convert_20160612195714.jpg


DSC08995_convert_20160612195829.jpg


最後に残ったみんなでパチリ。

IMG_1251_convert_20160612233739r.jpg


この日をオーガナイズして下さったママミントさん、椿ママさんはもちろんのこと、私達のために集まって下さったみなさん、本当にありがとうございました。
他の柴犬とふれあう事が出来、Daddioはもちろん、私もとても嬉しかったです。

この日は椿ちゃん宅にお泊りです。

もう少し続きます。

**
この週末、土曜日は、エリザベス女王の90歳の誕生日。
(といっても、こちらは、公式のバースデーで、実際に彼女が生まれたのは4月です。)

昨日はロンドンでは祝賀イベントが催され、今日日曜日は、イギリスの様々な街でストリートパーティーが行われました。
ロイヤル派でなくても、長い月日を国に奉仕してきた女王に対して、イギリス人は特別な尊敬の念を抱いているようです。

とはいえ、残念ながらお天気は雨模様。

今週はずっとこのような雨模様のお天気が続くようで、気温も13、14℃あたりになる予定の北イングランド。

先週、せっかく購入した新しいガーデンファーニチャーは、ガレージの中で出番を待っています。(笑)
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

私 も楽しみにしてたので、お会いできてうれしかったです。
暑い中予定をつめこんでしまい、お疲れだったことでしょう。でもお天気にも恵まれて楽しい一日でしたね。
たくさんの柴犬に囲まれたおふたりを見れて良かった(*⌒▽⌒*)
犬友さんたちも喜んでましたよ♪
黒 柴が珍しかったのですね。一見別犬のようですが、カメラの機能を使ってクーの赤毛を 黒にスイッチカラーすると、驚くほど黒柴になるんですよ(*_*
っと、柴を語り始めると止まりませんが( ´艸`)よろこんでいただけてほんとうに良かったです。
私のことをそんなふうに書いてくださり、光栄です(^^ゞ

エリザベス女王のお誕生日は日本でも報道されましたよ。公式祝賀会は本当の誕生月にしないのですね。美しく歳を重ねられて、そういったところも敬愛されるところなのかもしれませんね。
  • posted by ママミント 
  • URL 
  • 2016.06/14 11:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ママミントさんへ 

一時帰国の滞在記、最初から順を追って書いているので、アップが今頃になってしまった事、申し訳ありません。
私も今回おたずねして、本当に良かったと思っています。

そうなんです、主人は、見かけた柴ちゃんも赤柴で、Cruftなどのイギリスのドッグショーに登場する柴ちゃんも赤柴なので、黒柴を見たのは正真正銘、初めてでした。(笑)

私達の旅が思い出深いものになるよう、椿ママさんと力をご一緒に色々とアレンジして下さった事、改めて感謝しています。
次回は、ぜひお二人がK子さんの引率?!のもと(笑)イギリスに来られるといいですね。☆

いつでも大歓迎です。(By Fabio family)

エリザベス女王は、御年90歳とは思えないくらいしっかりとしていると思います。
式典に臨む時も、寺院の長い階段を手助けなしで登ったりして、義母などは’すごいわ~。’と感心していました。(笑)
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2016.06/14 18:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計