北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

楽しい時間 その2



この週末も晴れたお天気の北イングランド。
Daddioはさっそく家のゲートのペンキ塗り、私は久しぶりにブログアップです。(汗)

前回の続き。

夜遅くまでおしゃべりし、翌日は朝食の後、車で一時間弱のYorkの街へ。


個人的にYorkの街は大好きです。
私のブログにも何度か登場しているYork Minsterを中心に、シャンブルと呼ばれる石畳の古い町並みも残っており、散策するにはもってこいの街。

早速見えてきたYork Minster。
いつ見てもその荘厳な建物に見とれます。

そして、いつ訪れても必ずどこか修復工事をしています。

DSC09304_convert_20160906190625.jpg



いつものように、ミンスターの中は観光客ツアーの人達の姿が。

DSC09306_convert_20160906190637.jpg




アートを専攻している娘さんは、こういう歴史的建築物にも興味津々で、私の説明をとても熱心に聞いてくれていました。

20160906104806_convert_20160906190516r.jpg




Daddioもまるで添乗員さんになったように(笑)、二人に説明。
友人は、東京の某美術館で働いているので、彼女もDaddioの説明にとても熱心に耳を傾けていました。

20160906104820_convert_20160906190531r.jpg



ミンスターはどこを撮っても絵になります。
来る度に新しい発見もあって、とても勉強にもなります。

DSC09307_convert_20160906191751.jpg

新しく地下にオープンした展示場を見学した後、外に出て少し遅めの昼食を。



向かった先は、Betty'sというティールーム。

日本の皆さんの中にも、紅茶好きの人、または紅茶教室などを開かれている人達にはその名が知られているBetty's。
美味しいと評判のオリジナルブレンドの紅茶はもちろんですが、料理もおいしく、スタッフもとても気持ち良いサービスで、イギリス人はもちろんの事、外国からの観光客にも人気があるお店です。

未だにロンドンへは進出せず、ヨークシャールーツを大切にしています。
(今日はヨークの本店でしたが、Betty'sはこの他、ハロゲート、私のブログにも何度か登場した町、イルクリー、そしてノースアラートンというところに支店があります。)

覚悟はしていましたが、30分並んでやっと入れました。(笑)

注文は、アフタヌーンティーを。
(地上階ではなく、地下のルームに通されたので、画像が暗いですが。。。)

DSC09309_convert_20160906190954.jpg

美味しいわりには、お値段がとってもお手頃でした。



お腹がいっぱいになった後は、ヨークの街を散策。
シャンブルと呼ばれる石畳のストリート。

DSC09313_convert_20160906190741.jpg



ヨークはハイストリートのショップはもちろんですが、個人経営の一風変わったお店も沢山あり飽きません。

一年を通してクリスマス関係のグッズばかりを売っているお店。

DSC09312_convert_20160906190754.jpg

きっとクリスマスシーズンは混みあうのでしょうね。




娘さんがパチリしてくれた、夕日に向かって歩く私とDaddioの後ろ姿。
アーティスティックに撮ってくれました。

20160906104324_convert_20160906185805.jpg



Yorkを満喫し、一度家に戻り、その夜はパブへ。

娘さんが行きたかったイギリスの典型的なパブ、というよりもどちらかというとガストロパブでしたが、料理はまあまあ、だったかな。(笑)

一人前の量がかなりあったので、残ったハムホックをお持ち帰りにしてもらいました。

パブの入り口の前でパチリ。

20160906104526_convert_20160906190307r.jpg


この日も盛りだくさんの楽しい一日になりました。

あと、もう一回続きますので、お付き合い下さい。


**
まだ晴れのお天気が続くとの予報がでている北イングランド。
このまま冷夏で終わると思っていただけに、嬉しい限りです。

庭のトマトも赤くなり、毎日ちょこちょこ収穫しては食べています。

今週も週の後半がお仕事です。

皆さんも充実した一週間をお過ごし下さい。(^-^)/





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計