北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

楽しい時間 その3




今週は、スコットランドや湖水地方を除き、イギリスは真夏日が続きました。
北イングランドでさえも、気温が30℃に達する日もあり、遅まきながらの夏を満喫しました。

ダブルコートに覆われているファビオは、ご覧の通り。
部屋の隅っこの涼しいところで、シエスタ。

DSC09327_convert_20160916173909.jpg

いつもは、日向を求めるのに、今週は日陰を求めて、部屋をうろうろしていました。

**
友人達との楽しい時間の続きです。

友人達がまたロンドンへ戻る前の最終日は、Kirkstall Abbeyというところへ。

西暦1000年ぐらいに作られたアビー(修道院)。
今はその建物が廃墟として残っているくらいですが、これまたアートを専攻している娘さんにとってはとても興味があったようです。

この建物は、作られた当初は修道院として、時代が移り変わると、その後は動物の飼育所?!など様々な用途に利用されたそうです。その、動物の飼育所として使われていた頃の様子は、イギリスの有名な画家ターナーによって描かれているんですよ。

DSC09318_convert_20160906190902.jpg

実は、Daddioは亡くなった義父の仕事の関係で、この寺院があるところ川を挟んで向かい側に幼いころ住んでいました。
‛子供の頃、橋を渡って、よくこの廃墟を遊び場にしていたなぁ~。’ととても懐かしそうでした。




この日は残念ながら、朝からざーざーの雨。
‛お二人を撮りま~す。’と娘さんがパチリしてくれました。

20160906104705_convert_20160906190340r.jpg




アビーを後にし、リーズの街へ。
娘さんが見たかったリーズで1,2を争うふる~いパブへ。
電車の時間があったので、写真をパチリしたのみでしたが、イギリスのザ・パブ的な雰囲気に満足してくれたようでした。

その後は、Victoria Quarterという様々なショップが入ったアーケードへ。
3人で、VQという人文字ならぬ指文字を作ってパチリ。(笑)

20160906104729_convert_20160906190448r.jpg

写真で分かるように、ガラス張りの屋根は数十年前に付け加えられたものですが、両側の今はショップが入っている建物は、その名の通り、ビクトリア時代に建てられたものです。

古い建物がそのままここまで残る、地震がないイギリスだから可能なのかな、と思います。


この後は、ラグビーをしている息子さんへのお土産のため、ラグビーシャツを探しにお店まわり。
ご存じの通り、ラグビーはイギリス発祥なので、イギリスのチームの紋章、赤いバラがついているシャツを無事に見つけ購入しました。

すっかり時間もおしていて、のんびりお昼、というわけにはいかないので、Daddioと娘さんで荷物を取りに車へ、私と友人は、電車の中で食べるようにランチを買いに。
イギリスではチェーン店として、なんちゃって寿司で知られているWASABIというところへ。
‛あぁ~お寿司っぽい’。とは友人。(笑)


今回、イギリスへは初めての二人。
友人は昔から、何でもポジティブ、吸収できる事は知識や経験として何でも吸収しようというタイプ。
どうやら、娘さんも彼女に似たようで、イギリスで受けた良い刺激が彼女の今後にいい具合に作用してくれたらな、と思いました。

母と娘、というよりも姉妹、友人といった感じの二人。

DSC09300_convert_20160906190606r.jpg

子供のいない私は、そんな二人をちょっぴりうらやましく眺めていました。

名残おしかったですが、次回は日本での再開を約束し別れました。

**
しばらく続いた夏日も終わりのようで、この週末は気温も下がるとの予報の北イングランド。
土曜日は友人夫婦にお呼ばれしており、楽しい週末になりそうです。

皆さんも良い週末をお過ごし下さい。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計