北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

クリスマスの準備



クリスマスまであと二日になりました。
バースデーの事があったので、例年よりも遅いクリスマス準備のスタートをきったファビオファミリー。

先週から、クリスマスカードを書きまくり(笑)、飾りつけをし、プレゼントをラッピングしたりと大忙しでした。
その合間に友人達とクリスマスキャロルを聞きに行ったり、クリスマスランチに行ったり、毎年の事ですが、この時期は色々と予定がいっぱいです。


我が家のクリスマスツリー。

DSC09611_convert_20161223205231.jpg

今年も青のBobbleをベースに飾りました。
残念ながら、木はアーティフィシャルですが(汗)。。。
スリムラインのツリーなので、場所もとらず気に入っています。



クリスマスといえばポインセチア。
これは友人からの贈り物。

DSC09614_convert_20161223205247.jpg



マントルピースの上はこんな感じです。
拾ってきたまつぼっくりを、もとのガーランドに針金でとめました。

DSC09609_convert_20161223205400.jpg



夜になるとこんな感じです。

DSC09630_convert_20161223205414.jpg



トナカイさんは毎年同じ場所。
窓辺にどかっと置いてあります。

DSC09641_convert_20161223205814.jpg



こちらも夜になるとこんな感じです。

DSC09631_convert_20161223205429.jpg



あまり家中をごたごたとクリスマス飾りでいっぱいにはしませんが、一部屋に必ず何かクリスマス関連の飾りを置くようにしています。

DSC09605_convert_20161223205205.jpg



玄関先。

DSC09603_convert_20161223205135.jpg




クリスマスグッズを毎年購入していたら膨大な量になってしまいますが、この木彫りのサンタさんは今年購入。
早速飾りました。

DSC09640_convert_20161223205446.jpg




送られて来たクリスマスカードはこのように、リボンで吊るします。

DSC09626_convert_20161223205315.jpg




毎年思う事は、イギリスって本当にカードの国なんだなぁ~と。
我が家に送られて来たクリスマスカードだけでも、これだけの種類。
同じ柄は一枚もありませんでした。
すごいですね。

DSC09627_convert_20161223205333.jpg



こんな風に私が忙しくしている横で、Santa's little helper、ファビオくんは、というと。。。

こんがり焼けてます。(笑) 

DSC09624_convert_20161223211248.jpg




そしてその内、へそ天になり。。。

DSC09629_convert_20161223205755.jpg




白目むいてます。(°_°)

DSC09628_convert_20161223205739.jpg




ちなみに、ファビオのケージもクリスマス仕様。

DSC09618_convert_20161223205602.jpg

朝の寝起きをパチリされて、かなり不機嫌顔のファビオです。(笑)

**

日本ではクリスマス当日よりもイブをお祝いしますが、イギリスではイブは特別なお祝いをしません。

キリスト誕生を静かに待つ前夜、サイレントナイトです。

Daddioファミリーは、私と上の義妹のだんなさん(彼はカトリック)を除き、みんな夜の11時くらいに教会へ行くのが習慣になっています。
そこでミサを聞き讃美歌を唄い、真夜中になると、教会にいる人達でメリークリスマスとあいさつを交わします。

昨年はクリスマス当日、そして翌日のボクシングデーと、大洪水に見舞われた北イングランド。
今年のクリスマス当日は、何と気温13度の予報で、暖かいクリスマス当日となりそうです。

皆さんは素敵なクリスマスイブをお過ごし下さいね。\(^o^)/


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計