北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

カナルウォークとハロゲート



ちょっとご無沙汰してしまいました。

今朝の北イングランドは、ここ数日同様、グレーな空模様。
その代わりと言ってはなんですが、気温は8度で風もなくとてもマイルドな日々が続いています。

ロンドンなどの南の方では、大雪が降ったり、気温が氷点下を記録するなど、北が暖かく南が寒いという変な天候が続いています。

**
さて、そんな先週末、我が家は日本からのお客様が。。。
そう、柴のご縁で知り合いになり、我が家にも何度か滞在された事がある建築家のK子さんです。

1月3日に英国に着いてから、ロンドン、バーミンガム、ストーク オン トレント、マンチェスターなどをまわりながら北上、今回は我が家の最寄り駅まで行きます、という事で、リーズではなく最寄り駅での再会。

いつもは、重いスーツケースをひきながらの旅なのですが、今回は、日本を出発する前に言っていた通り、何と手荷物のみ!
これには、私もDaddioもビックリでした。(笑)

我が家に着いて、ファビオからの歓迎(ガウリンコ)を受けましたが、柴犬に慣れているK子さんは今回も‛ファビく~ん、私だよ、忘れちゃったの?’と落ち着いた対応。(笑)

で、すぐに仲良しで、ソファーでお腹さすれ体勢に入るファビオ。

DSC09736r_convert_20170118193429.jp<br />g

が、荷物を置いてくつろぐ間もなくお出かけです。


今回、K子さんは、イギリスにあるカナル(運河)を見てまわっており、早速我が家の近くを流れるLeeds Bradford Canalを散策しに。

カナルに停泊するナローボートたち。
ホリデー用に使用する人もいますが、なかには実際にここを家として住処にしている人達もいます。

DSC_0033_convert_20170118194223.jpg

ちなみに、後ろ姿はDaddioです。
この日は陽ざしがあり散策日和でした。




中はかなり狭いのでは~と思いますが、ちゃんとミニキッチンやリビングスペース、ベッドにトイレやシャワーもついているらしいです。

DSC_0032_convert_20170118194109.jpg




カナル(運河)といっても日本の皆さんにはピンと来ないかもしれませんが、イギリスに何か所もあるカナルは、産業革命時代、作った製品を港に運ぶ役目をした人口水路です。

このLeeds Bradford Canalは、その時代に、リーズの街が紡績産業で世界一を誇っていた時に、Mill(ミル)工場で作った紡績品を港まで運ぶのに使われたイギリスで一番長いカナルです。

こちらは、Five rise lockと呼ばれる閘門です。
高所から低所へ移動する時は、一番最初の閘門から水を抜いていき、次の閘門の高さまでボートが降りたら、閘門を開け次の閘門に移動します。
低所から高所へ移動する時は、反対に一番最初の閘門を開け船を入れ、次の閘門を開け、水かさが同じになったら次の閘門へ移動します。

こうする事で、高低差がある地形で水位が異なる場所でも船の移動が可能になります。

DSC_0026_convert_20170118193644.jpg




ロックから歩いて来た側を見ると、煙突のようなものが見えます。
昔、ミル工場だったところです。
このカナル沿いにはこのような煙突が至るところに見られます。
(現在は、フラットやオフィスなどになっていますが。。。)

DSC_0028_convert_20170118193929.jpg




カナルをまわった後は、上の義妹夫婦のところへ。
K子さんはDaddioファミリーにも会っているので、久しぶりの再会を喜んでいました。

家に戻った後は、大急ぎでローストチキンを料理。
和食ではありませんでしたが、おいしいと喜んで食べてくれました。


翌日は、何度もイギリスを旅しているK子さんが意外にも行った事がないというHarrogateの街へ。

ハロゲートは、イギリスの中で、そこに暮らす人達が最も幸福を感じている街 No.1の称号?!を2年連続で獲得した街です。

あいにく、日曜日だったので、ちょっと街は静かで、おしゃれなお店もクローズのところが多く残念でしたが、それでもK子さんはおしゃれな街並みをパチリしていました。

せっかくハロゲートに来たのだから、やっぱりランチはBetty'sで。
私のブログにも何度か登場しているBetty'sは、日本でも知られているティーカフェ。
北イングランドにしかお店を構えていないのですが、このハロゲートはその本店です。

DSC_0036_convert_20170118194522.jpg

K子さんがお母さまと一緒にいらした昨年11月にも、ヨークのBetty'sで食事しましたが、こちらの方が薄暗く(笑)ちょっと格式ばった感じです。



壁を見るとティーポットがこんな風にディスプレイしてありました。

DSC_0035_convert_20170118194308.jpg


ハロゲートの街を後にし、Daddio母のところへ顔を出すと義母もK子さんとの再会を喜んでいました。
既に紅茶でちゃぽちゃぽ状態のお腹でしたが、義母がぜひという事でここでもお茶を。(笑)

予定よりも少し遅く家に帰ってから、お夕飯はチリコンカーンというメキシコ料理を作りました。
初めて食べるチリの味もエンジョイしてくれたようでした。

今回は、まだ1月という事もありDaddioの有給が取りづらく、週末のみの滞在になってしまいあっという間でした。
翌日早朝、リーズの空港まで見送りに行き、またすぐの再会を約束しながら名残惜しくお別れを。

この後、Daddioは仕事で、我が家から2時間以上かかるサンダーランドというところへ、私は家に戻りファビオをちょっと遅めのお散歩に、と日常に戻りました。


**
マイルドな冬のせいか、ファビオくんいきなり換毛しています。

DSC09738_convert_20170118193446.jpg

毎日ブラッシングでこのくらい抜けています。

まだ2月があるというのに。。。(笑)(;_;)



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんにちは~⛄

私はファビオ地方は通り過ぎたことはありますが
そこを探訪したことがありません
お洒落なカフェの名前は聞いたことがあるけど
行ったことはもちろんナシ(笑)
そちら地方も良さそうですね~行ってみたくなりました

でもナローボートの旅
これは先代犬のマキシー連れて良くホリデーしてました
ケンブリッジやウェールズ方面に出かけてましたよ
春になったらジャズ連れてケントの運河の旅
今から楽しみです

イギリス好きのお友達 しかも柴犬繋がり♥
楽しまれたご様子
また逢える日を楽しみにですね
  • posted by マキシマス 
  • URL 
  • 2017.01/19 03:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/19 04:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

マキシマムさんへ 

ヨークシャー、God's own countyとヨークシャー人は呼んでおります。(笑)
ヨークシャーデールが広がり、良いところです。ぜひ来てみて下さい。^^

そうなんですか、運河の旅を。
ナローボートは操縦難しいですか? 
カナルをのんびり、思いついたところで降りてその町を散策、いいですよね。
カナルの旅にはまる人の気持ちが分かります。

人の縁って、どこでどう繋がるか分からないものですよね。☆
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.01/19 19:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメさんへ 

嬉しいです。ありがとうございます。
早速メールをお送りしましたので、読んで頂けたら、と思います。^^

  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.01/19 19:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/20 20:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/26 08:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメ Tさんへ 

本当に、いつ来られてもバイタリティーに溢れ、そして、才能に溢れ。。。主人の家族もみんなファンなんですよ。^^

義母は、もう一人では遠出が出来ないので、きっと義妹と一緒に出掛けて用意したんだと思います。私もK子さんが来る直前まで知らなかったんですよ。(笑)

こちらこそ、クリスマスの時には、家族の分までプレゼントを頂き、大変感謝しております。
ご存知の通り、もう私には実家がないのも同然ですので、そういう心遣いを本当に嬉しく、ありがたく思っています。

またベティーズもの(笑)で何か要りようがあったらご連絡下さい。^^
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.01/26 19:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

鍵コメさんへ 

こちらこそ、初めまして。

もしよろしければ、メルアドを鍵コメで送って下されば、そちらにお返事致します。

本当、けっこうお近くかもしれませんね。わくわく。♪
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.01/26 19:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計