北イングランドから こんにちわ

北イングランドに暮らし始めて早や18年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

なんでこうなるの?




週末は、晴れ間が広がるお天気で、少し薄手の服を着ても大丈夫なくらい、ぽかぽかした陽気だった北イングランド。

朝のお散歩から戻ると、そのまま庭で遊ぶファビオくん。

しばらくして呼び寄せると。。。

こんな感じで、覚悟を決めている?!様子。

DSC09783_convert_20170313195252.jpg




そう、そのわけは、

この泥だらけの足!

DSC09781_convert_20170313194706.jpg




そして顔!

DSC09782_convert_20170313194649.jpg


大嫌いな<足洗いの刑>に処せられたファビオくんでした。(笑)


**
先週の木曜日から放送していた、毎年イギリスで開催される世界最大のドッグショー Crufts 2017が終わりました。

まずは、各犬種ごとの審査の中から、勝ち抜いた犬たちが、Gun dog, Pastoral, Hound, Terrier, Toy, Working そして、柴犬が属するUtilityの7部門に分かれて、最終審査が行われます。

昨年は、Utilityの部門で、柴犬が二位になったのですが、今年は残念ながら3位入賞にもならず。

各部門で優勝したワンちゃんたちの中から、Best In Showが選ばれるのですが、今年は選ばれたのは、アメリカンコッカ-スパニエル。

スパニエルはWorking dog部門に属するのですが、このスパニエルちゃんはスパニエルには似ても似つかない、なが~いモップのような毛なみ。
ここ数年の傾向で、どうもこのようにモップのような長い毛並みのワンちゃんが最優秀賞に選ばれるような気がします。(笑)

もちろん、見た目はお手入れが行き届いていてとってもきれいなのですが、柴犬を飼う私としては、犬らしさという点からはどうかな~と思ってしまいます。

案の定、イギリスの有力紙Telegraphなども、‛ワーキングドッグには似つかわしくない犬が優勝した。’と書いたほど。

それにしても、このCruftsを見る度に、世界に存在する犬種の多さに驚きます。


**
昨年、購入した紫陽花。

夏の間、きれいな花房をつけてくれていましたが、冬になって一気に枝のみに。
心配していましたが、新しい葉が生えてきてくれています。

DSC09787_convert_20170313195513.jpg


今週は、お天気が安定していると予報の北イングランド。
お仕事が入っていないので、友人宅にランチに行ったり、ガーデニングをしたりの一週間になりそうです。

皆さんも素敵な一週間をお過ごし下さい。(^-^)/



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):日々、ファビオとリーダーの座を争っている。たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計