FC2ブログ

北イングランドから こんにちは

北イングランドに暮らし始めて早や21年目。未だに不思議な事が多いこの地での生活もよう、飼い始めた柴犬とのゆっくりした暮らしぶりをお伝えします。

Entries

クリスマス 2017




皆さん、クリスマスは楽しく過ごされましたでしょうか?

DSC_0145_convert_20171227212709.jpg


実は、クリスマス前の23日、ファビオの獣医さんやケナルへクリスマスカードとプレゼントを渡し、リーズへ行こうとしていた私達でしたが、義母から転んで手を負傷したという連絡があり、急きょOtleyという街にあるMinor Injury専用の病院へ。

イギリスは、GPに行かず、こうやって救急で直接病院に行く場合、かる~く数時間は待たされる事がほとんどです。

私とDaddioも長丁場を覚悟でしたが、幸い、そんなに待っている人もおらず、3時間弱で、手当を済ませ病院を後にする事が出来ました。
とはいえ、義母を家に連れ帰り、世話をやいたらもう夕方。
これでこの日はもう終わり、予定していたことが片付かず、翌クリスマスイブまで何だか忙しかった私達でした。



クリスマス当日、ファビオファミリーは、例年通り、義妹夫婦の家へ。

義妹夫婦の家のツリーは、我が家のアーティフィシャルとは違って、本物の木を毎年購入します。
ツリーの下に置かれた沢山のプレゼント。
ザ・クリスマスですね。(笑)

DSC_0156_convert_20171227211627.jpg





今年のTurkey (七面鳥)。

DSC_0154_convert_20171227211524.jpg





毎年料理をするのは、義妹のだんなさん、料理上手なアンドリューです。

DSC_0155_convert_20171227211548.jpg




ファビオは部屋の隅にあるアームチェアーにちょこんと。

DSC_0161_convert_20171227211755.jpg




‘So cute!’と下の義妹がパチリしています。

DSC_0162_convert_20171227211819.jpg



スターターは、スモークサーモンとアボカドサラダ。

そして、メイン。

DSC_0163_convert_20171227211842.jpg


お腹がいっぱいになったところで、エリザベス女王のクリスマススピーチを聞きました。

この日は、プルセコから始まり、白ワイン、赤ワイン、ジントニック、ポートワインに食後酒などなど、私はみんなのペースにはとてもついていけず。。。(笑)

夕方には、みんなで、ファビオを散歩に連れて行き、戻ってからは、ほろ酔い気分で、DVDを観たり、クロスワードにロゴゲームなどをし、楽しく過ごしました。

毎年の事ですが、日本のお正月と一緒で、家族そろって迎えられるのは、嬉しい事ですね。(*^_^*)



**
翌26日は、Boxing Dayと呼ばれます。
諸説あるようですが、ビクトリア時代に、クリスマスの日も働いた召使たちのために主人が贈り物を箱に入れて渡した事に由来するそうです。
Boxingは箱のBoxからきています。

近年はイギリスでは、このBoxing Dayからクリスマスセールが始まる事が多く、私がイギリスに住み始めた頃は、クリスマス、そしてこのBoxing Dayは水を打ったように静かだったのになぁ~と時代の変化を感じています。

ファビオファミリーは、Chevin Innというパブに、みんなで食事に。
この季節、二時間制をとっているところも多く、私達は2時に予約。

見晴らしの良いパブなので、みんなが到着するまでDaddioとお散歩。

DSC_0165_convert_20171227211936.jpg




草を食む羊と共に、写真では分かりずらいですが、右手前に写っているのが、ドライストーンと呼ばれる石垣です。
セメントを使わず、じょうずに石だけを組み合わせて作ります。

DSC_0166_convert_20171227212002.jpg

料理は、可もなく不可もなくでしたので、写真は省略。
毎年、BoxingDayの食事は、義母が日ごろの感謝を家族に示したいという事で、彼女のおごりになっています。(笑)


そして、私事ですが、イギリス生活もまる20年が経ちました。
まさか自分がイギリスという異国に暮らすとは思ってもいませんでしたが、長いような短いような不思議な感じです。

日本はもちろん変わらず恋しいですが、今ではここイギリスが自分が軸足を置いている場所。
Daddioとファビオとこれからもイギリス暮らしを充実したものにしていけたら、と思っています。


今日は、これから、映画Paddington 2を観に行きます。
先日、シートを予約せずに行ったら、超満員で入れず、代わりに、オリエント急行の殺人を観て来ました。(笑)

しっかりシートも予約したので。。。それでは、行って来ま~す。\(^o^)/
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

まぁ たくさんのクリスマスカード(^^♪
ちょっと面倒ではありますが やはりこういう文化も残していきたいですよね・・・今や日本も手書きの年賀状はなかなかお目にかかれなくなりましたからね・・・
もうただお付き合いで・・・みたいな(-_-;)心がこもったはがきにはみえませんものね

病院3時間(@_@) 今回はそんなにかからなくて良かったですね・・・お義母さま大丈夫でしたか・・・

本物のモミの木なのですね・・・
やっぱり素敵ですね 何!!このプレゼントの数(@_@)
凄いですね・・・でもこの分皆さんにも?
お料理も美味しそう(*^_^*)
ファビオ君も何かおすそ分けあったかな(*^▽^*)

素敵な関係ですね
お義母様のおごり(^^♪
日本ではなかなかないですよね(-_-;)

映画楽しんで来てくださいね(*^_^*)
  • posted by 茶々ママ 
  • URL 
  • 2017.12/27 22:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは

生木のクリスマスツリーは香りが良いですからね・・
義妹さんのはほんとにThe Christmas treeですね(笑)🎄

私達もアーティフィーシャルのツリーです
生木をクリスマス期間中だけの飾りに使うの大反対の私達で


こんな大きなターキーを焼いてる家庭も少なくなってますよね(笑)
ましてや最近はターキーが不人気(笑)
もう若い子達の中では食べない若い子も居るそうですよ
因みに我が家はローストビーフにしました

ドライストーン・・この修復工事のボランティア
旦那がリタイアしたら絶対にしたいねって話しています

義理母様のトリートだなんて・・
お年寄りにお金使わせるのは気がひけますよね
それにしても・・ちょこんと小さく座ってるファビオ
ほんとに可愛い~✨

仲良しご夫婦は映画鑑賞 楽しんで来てくださいね
良いお年をお迎えくださいHappyNewYear





  • posted by マキシマス 
  • URL 
  • 2017.12/30 07:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

茶々ママさんへ 

日本の年賀状文化は、そんな感じなのですね。
ちょっぴり寂しい気がしますよね。

イギリスはカード(を送り合う)文化なので、カードの種類も充実しています。
なので、まだまだクリスマスカードは手書き、というのが残っているのかもしれません。

はい、3時間でも短い方なんですよ~。
イギリスは、医療費は基本無料ですが、色々と不便な面もあり、です。

我が家は、ファビオもいるので、本物ではありませんが、やはり香りといい本物はいいな、と思います。
プレゼントは、ファビオファミリーは、家族それぞれに、メインのプレゼント、そしてサブ(笑)のプレゼント、と贈ります。
プラス、それぞれが、それぞれの友人や同僚などから頂いたプレゼントも、ツリーの下に置くので、毎回すごい数になるんですよ。(笑)

ファビオは、ターキーをお夕飯にもらってパクパク食べていました。^^

義母は、自分で出来る事よりも誰か家族のサポートを必要とする事が段々と増えてきているので、彼女なりの感謝の気持ちだそうです。クリスマスの時期は、特に彼女にもっと家族の中心として、長生きをしてもらいたいな、と思います。☆

Paddington2は、日本では1月末から公開のようですよ。
面白かったので、茶々ママさんも是非ご覧になって下さい。♪
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.12/31 04:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

マキシマスさんへ 

彼女の家は、ビクトリア時代の家で天井も高く、こういうツリーも似合うかな、と思います。^^

私もです、その後の処理のされ方とかを考えると、大切な木を、という気持ちになります。

ターキー、分かりますよ~。(笑)
私の友人宅もローストビーフだと言っていました。そっちの方が美味しいかも、ですよね。(笑)

義母は段々と、家族のサポートがないと出来ない事とかが多くなっているので、ほんの感謝の気持ちだと言っています。
私達はこの日だけは、それに甘えています。><

映画は面白かったですよ。
あのHugh Grantがっていう感じで。。。(笑)
マキシマスさんも是非機会があればご覧になって下さい。

マキシマスさんも良いお年をお迎えくださいね。☆
  • posted by ブルーベリー 
  • URL 
  • 2017.12/31 04:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ブルーベリー

Author:ブルーベリー
寒さ厳しい北イングランドに、イギリス人の旦那さんと柴犬と暮らしています。まったりとした日々を送っていましたが、2012年2月22日、柴犬ファビオが2歳半で糖尿病の宣告を受けました。現在はそのショックからもどうにか立ち直り、日々家族3人で頑張っています。
ファビオの病状経過なども含め、日々の暮らしを綴っていこうと思っています。

旦那さん(通称:daddio):柴犬を見た事も名前を聞いた事もなかった典型的イギリス人。今ではmammioよりも柴犬ファビオを優先?!するくらいの可愛がりよう。

ブルーベリー(通称:mammio):たまにホームシックになる事もあるけど、旦那さんの愛情とファビオからの癒しで救われている日々。

柴犬ファビオ:2009年7月23日生まれの雄。 名付け親はdaddio。(元イングランドサッカーチームの監督の名前から。響きがいいからとの理由。)2012年2月22日、2歳半で突然の糖尿病宣告を受け、現在は一日に二回のインシュリン注射を行っている。
やんちゃな性格ぶりと癒し効果は変わらず。犬よりも人、特にマッチョなビルダー系が好き。

最新記事

ファビオ まちゅげ隊加入

マロンとライムの柴犬親子日記みぃさんプロデュース、まちゅげ隊に加入。 ファビオは茶まちゅげ隊だよ。 proof 2 for plug

FCアクセスカウンター

柴犬時計